配管の劣化診断・検査や水道施設、配水池のロボットによる点検・調査・清掃お問い合わせTEL:011-868-5000

2021年02月Archives

「水道公論」2月号に田中代表取締役が掲載されました。

2021年02月03日

日本水道新聞社が発行している月刊誌に「水道公論」があります。

内容も読みやすく、技術者として幅広い知識が得られる本として、水道界では親しまれているものです。

その「水道公論2月号」に一般社団法人日本水中ロボット調査清掃協会の田中会長(札幌施設管理株式会社 代表取締役)が表紙を飾り、インタビュー形式で紹介されました。

 

ページをめくると「表紙を飾る人に聞く」と、インタビュー形式で仕事として水道に携わったいきさつ、水中ロボット協会との関わりと経緯、今までかかわってきた方々などが登場してきます。

 

取材に来られた記者さんの編集後記に書いてありますが、記録として残さなければ・・・・と考え、急きょ通常の4頁から7頁に紙面を拡大し、全原稿を掲載することにした。と言うほど内容の濃い本になっております。ぜひ皆さん読んで下さい。

 

第4回インフラメンテナンス大賞 表彰式が開催されました。 ~オンライン形式による表彰~

2021年02月02日

1月8日に国土交通省、総務省、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、防衛省の7省によりインフラメンテナンスの優れた取組や技術開発を表彰する第4回インフラメンテナンス大賞の表彰式がオンライン形式で行われました。

 

第4回目となる今回は、288件の応募があった中から有識者による選考委員会(委員長:三木 千壽 東京都市大学学長)の審査を経て、計35件の受賞者が決定されました。札幌施設管理株式会社は「SPT配管診断による建築物の配管改修・更新工事のコスト削減」で応募し、厚生労働省の優秀賞に選ばれました。

 

【 表彰式開催 】

日 時  令和3年1月8日(金)14:00~16:00

開催形式 Web配信によるオンライン形式

次 第  ・国土交通大臣祝辞

     ・受賞者表彰(35団体)

 

厚労省の優秀賞を三木選考委員会委員長から授与されました。

 

 

 

  

第4回インフラメンテナンス大賞カタログ

お知らせ

Infomation

Copyright (C) Sapporo Shisetsu Kanri Co., Ltd. All Rights Reserved.