配管の劣化診断・検査や水道施設、配水池のロボットによる点検・調査・清掃お問い合わせTEL:011-868-5000

お知らせInfomation

労働災害防止「標語・論文」入選者表彰式

2017年11月22日

一般社団法人北海道ビルメンテナンス協会は労災を防止し、企業の安全衛生意識を高めるため毎年「労働災害防止論文と標語」を募集しています。

 

今年の審査結果が9月に発表になりましたが、多数の応募の中から弊社の社員は論文で銀賞1人、標語で銅賞1人・佳作で2人が入賞しました。銀賞と銅賞の2名は11月22日に京王プラザホテル札幌で一般社団法人北海道ビルメンテナンス協会の優良従業員表彰式において表彰されました。

 

一般社団法人日本水中ロボット調査清掃協会は「2017高松水道展」に出展しました。

2017年10月25日

公益社団法人 日本水道協会平成29年度全国会議が香川県高松市で開催されました。

総会、シンポジウム、研究発表は25・26・27日にサンポートホール高松で行われ、展示会はサンポート高松シンボルタワー北側広場で26・27日の2日間行われました。

一般社団法人日本水中ロボット調査清掃協会は展示会にブースを借り、2台の水中ロボットを展示して訪問していただいたお客さまに配水池の調査、清掃について説明を行いました。また同協会の会員である弊社から2名が参加して水中ロボットを使った調査、清掃の説明を行いました。

 

「労働災害防止論文と標語」で4名が入賞しました。

2017年09月07日

一般社団法人北海道ビルメンテナンス協会は労災を防止し、企業の安全衛生意識を高めるため毎年「労働災害防止論文と標語」を募集しています。

今年は6月に募集しました。 弊社から論文2編、標語を50点応募しました。

その審査結果が9月に発表になりましたが 、論文は1人が銀賞、標語は銅賞1人、佳作2人が入賞しました。銀賞と銅賞の2名は11月に協会の優良従業員表彰式で表彰されます。

 

北海道建設新聞(7月7日発刊)に「振動で管路漏水検知」が掲載されました。

2017年09月04日

(記載内容)

水道管路の漏水対策として「AIMS(アイムス)」を自治体向けに提案しています。あらかじめ管路上の仕切弁等に磁石で固定した小型監視ユニットは深夜に周辺の漏水の振動を検知し漏水の有無を総合的に判断し無線で漏水情報を地上に発信します。保守員はパトロール車で設置した箇所を巡回して、監視ユニットから送られる漏水情報をパソコンで把握できます。

 

 

画像はクリックで拡大します。

 

日本水道協会北海道地方支部総会が旭川市で開催されました

2017年07月21日

7月21日に旭川グランドホテルにおいて平成29年度公益社団法人日本水道協会北海道地方支部総会が開催されました。弊社からは2名が出席し紹介コーナーでは水中ロボット等のパンフレットを展示しました。

 

クリックで拡大します。

 

 

      

 

 

 

 

平成29年2月に公益社団法人 日本水道協会発刊の「水道維持管理指針2016」が10年ぶりに改訂されました。この中に弊社が業務を行っている水道の配水池を清掃する「水中ロボット」と水道管路の漏水を検知する「無線型漏水監視ユニット」の説明、イメージ図が掲載されました。

お知らせ

Infomation

Copyright (C) Sapporo Shisetsu Kanri Co., Ltd. All Rights Reserved.