アイムスは水道管路施設無線型漏水監視ユニットを常設し調査する次世代の漏水管理システムです。お問い合わせTEL:011-868-5000

AIMS 漏水調査Aqua Infomation Management System

人の感に頼らない。
GPS、無線、タブレットを使った
水道管路漏水情報管理システム

AIMS(アイムス)は膨大な延長を有する水道管路上の仕切弁・消火栓等に最新型の無線型漏水監視ユニット(New Technology)を長期間常設することで、車両による保守点検パトロールのみで漏水発生状況の監視を可能とします。

AIMSは一般社団法人日本水道管路管理協会が中心となって普及に努めており、当社は北海道内唯一の正会員として入会しております。

▸ 一般社団法人日本水道管路管理協会

AIMS(アイムス)の特徴

Outline

高感度センサーと電波の組合せによる新世代漏水防止技術

  • 無線型漏水監視ユニットを設置した後、車両による管路管理パトロールで漏水監視が可能です。
  • 設置後、4年以上メンテナンスフリーで1年365日漏水情報の自動測定及び解析を行います。
  • 導入価格は他社製を使用したシステムと比較した場合、およそ1/2から1/20の低コストで導入可能です。
  • 業務管理にiPad Airを採用。保守点検業務の状況はGPSデータと地図を連動した形でパソコン等でリアルタイムに閲覧、確認できます。

システムイメージ

System Outline

導入の流れ(例)

Flow

無線型漏水監視ユニット設置
  • 設置計画、施設状況確認、無線環境調査を実施します。
  • 無線型漏水監視ユニットを仕切弁のスピンドル上に設置します。
  • 設置後は、1年365日漏水の有無を自動測定・解析をし、機器内部で高精度な漏水判定を行います。
保守点検パトロール
  • 年4回実施(約3ヶ月間隔)し、結果の報告をします。
  • 「見える化」を実現し、リアルタイムに漏水の有無やパトロール車両走行経路、現場内における報告事項等を、水道事業体のご担当者様のパソコンでご確認いただけます。
  • 保守点検パトロールは走行経路上における地上漏水等の異常箇所発見も目視により、同時に行います。
漏水位置特定検査
  • 無線型漏水監視ユニットが漏水判定した箇所を中心に漏水漏水箇所の位置特定調査を行います。
  • 相関調査を主体とし、マニュアルに基づいた高品質な位置特定を行い、報告いたします。
漏水箇所修繕
  • 地域の工事会社が修繕を行います。
漏水箇所修繕
  • 契約期間内、保守点検パトロールからの作業を繰り返し行います。
  • 保守点検パトロールは年4回実施します。

メディア記載情報

画像はクリックで拡大します。

Copyright (C) Sapporo Shisetsu Kanri Co., Ltd. All Rights Reserved.